子供に介護されるときのための準備。ダイエットやVIO脱毛が必要?

夫と生後半年の娘と人気のケーキ屋さんへ行ってきた日のこと。

隣のテーブルの女性が

「ママが介護が必要になった時、体を起こすのも大変だと思う。オムツ交換なんて無理。でもパパは軽いから大丈夫だと思う。ケーキお代わりしてもいいけど、運動量も増やさないとね」

みたいな内容を真顔で話してた。

女性の目の前にいるお母様らしき人は、女性の2倍は体重がありそう。

で、目の前の夫は苦笑しながら私を見て

「俺らもこの子には迷惑をかけたくないよな」と。

グフ、夫よりデブな私には言い返す言葉は見つかりません。

お嬢さん、ありがとう。私、ケーキお代わりするのを止められたよ。
その時点で2個食べてたけど。

ふと思ったけど、
もしオムツ交換されるならダイエットだけじゃなく、VIO脱毛した方が良いのかしら?

もし赤ちゃんがモジャモジャだったらオムツ交換で毎回綺麗に拭くのは面倒そうだし。

介護されないように健康でいる努力はするけれど、

自分が長生きした場合に備え、事前にやるべきことは何だろう。。

うちも言われますよ~~ダイエットしてね~って。

まだ小学生なんですが、介護プランを語ってくれます。

プロにお願いするから要らないわ~~と一笑に付しますが、

私が赤ちゃんの時はママがやってたんでしょ!と強引に押し切られ、

何故かダイエットすることになり、ジョギングに誘われます。笑

私たちのやり取りを、息子が呆れた顔で眺めています。苦笑。

我が家の場合は、『近い』将来なので

かなり現実的。

息子3人の世話になんかなりたくない

(嫁さんとは絶対距離を置く!)ので

老後は、然るべき施設に入るつもり。

老々介護も嫌だから、旦那と2人

施設に入れるよう、蓄えなきゃ。

『介護士さんに』迷惑を掛けないような体型も

気を付けなきゃ(^^;

同居していて、義母と一緒に95歳のおばあちゃんの介護をしています。

年老いてきて出来ることが少なくなってきて、

耳も遠くて足腰も弱く手を繋いで歩いて、オムツしていてもトイレには行きたがるので運動の為にも行かせてますが汚します。

食事も離乳食の時みたいに喉に詰まらせないよう小さくカットし柔らかめのご飯。

食事、洗濯、掃除がほとんど。

病院受診に連れて行ったり。

仕事に行ってる主人は一切ノータッチ。

嫁であるお義母さん、私がずっとお手伝いしています。

ばぁちゃん、着替える時に孫である主人がそばにいると、

そろそろ着替えるから締めてくれる?と恥ずかしいって気持ちもちゃんとあるし、

トイレ失敗したりシーツ濡らしていたら、あちゃーと思いコタツの中で乾かしてごまかそうとしたり。

お義母さんはそんな全て受け止めてちゃんと向き合って介護しています。

その姿を見てると私もしっかりしなきゃなって。

血の繋がってない義母にそこまでしてあげれるのすごいなと。

いいお手本が側にいるから私も見方が変わりました。

自分の親、主人の母と将来いつかはいま見てる介護が身近になるんですもんね。

思いやりと身体は衰えていても気持ちは変わらないそのありのままの全てをしっかり受け止めて生活できたらなぁと。

まっ、とりあえず自分が娘や息子、嫁に同じ立場になるなら、

いまのばぁちゃんみたいにいつも穏やかにニコニコしていてお金はしっかり残して介護のお金に余裕があるようしておきたいとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です